高い耐震性能・排水性能を共に備えた箱型擁壁工法は全国各地で採用されています。急速施工が容易で災害復旧にも最適です。

施工例・実績


福島県伊達市霊山
 

生コンを使用しない箱型擁壁が震災復旧工事に採用されました  壁高8m*延長70m
当初、当該現場の設計では大型ブロック積擁壁が採用されておりました。しかし、東日本大震災後、福島県内では生コンの安定供給が困難な状況が発生しました。困った施工業者様は生コンをほとんど使用せずに施工可能な箱型擁壁に着目していただき、役所と協議の結果、大型ブロックから箱型擁壁に設計変更をご承認いただき変更となりました。

現場状況について

使用現場 現場状況 切り土・盛り土 緑化
道路改良 直線 切り土 無し

現場担当からの意見

箱型擁壁採用ポイント コンクリート不使用