高い耐震性能・排水性能を共に備えた箱型擁壁工法は全国各地で採用されています。急速施工が容易で災害復旧にも最適です。

施工例・実績


北海道北斗市三好町 北海道新幹線、万太郎路盤他

北海道新幹線工事に箱型擁壁が採用されました。  壁高5m*延長32.4m(Mタイプ)
本現場は設計では大型ブロック積擁壁が採用されておりましたが、施工業者様より、施工が早く施工性が良い工法は無いかとご相談を受け箱型擁壁をおすすめしました。発注者と協議をして設計変更となり箱型擁壁をご採用いただきました。北海道新幹線では「新湯の里通信機器室新築工事」でも箱型擁壁の実績がありましたので、設計変更もスムーズに進めることができました。

現場状況について

使用現場 現場状況 切り土・盛り土 緑化
新幹線工事 曲線 切り土 無し

現場担当からの意見

箱型擁壁採用ポイント 施工が早い
施工ポイント 基礎地盤が想定より悪く、地盤改良を要しました。
設計ポイント 安定に必要な土質定数(φ=35°、γ=19k/m3)を指定しました。