高い耐震性能・排水性能を共に備えた箱型擁壁工法は全国各地で採用されています。急速施工が容易で災害復旧にも最適です。

箱型擁壁の製品寸法

箱型擁壁シリーズの種類

箱型擁壁シリーズには、壁高や経済性などの用途に応じて.Lタイプ、Mタイプ、Sタイプの三種類(連結用のAW・BW)があり、いずれの工法も鉄筋コンクリート製の枠状箱体を階段状に積み上げながら、壁体材(単粒度砕石・道路用砕石S-40前後など)を充填するだけの簡易な構築方法で、極めて優れた耐震性能と排水性能を発揮する構造になっています。


▲ページのトップへ戻る

標準模様は、箱型擁壁の矩形面に対して違和感の少ないように、風化状岩盤の片理を施した意匠で、自然の景観に配慮しています。現場条件によっては壁表面に苔類の活着がみられます。陰影波模様は、箱型擁壁の矩形壁面を鉄平石張り状に分割し、それぞれの面に異なる方向の波状の凸凹を施して、4 分の 1 以上の陰影をつくる意匠によって、壁面の明度を低減する効果があります。

※標準模様以外をご検討される場合は、営業担当者に念のためご確認をお願いいたします。

▲ページのトップへ戻る

▲ページのトップへ戻る