道路整備改良工事

道路整備改良工事

道路整備改良工事

数量表 全数当たり

名称 規格・寸法 単位 数量
据付工   700.0
箱型擁壁 A 型(1,000 × 2,000 × 1,250mm) 350
中・裏込砕石工 S-40 前後(単粒度砕石) 1091.3
暗渠工 φ 150mm(樹脂製) m 60.0
基礎砕石工 S-40 前後(単粒度砕石) 35.76
吸出防止材   906.5

施工費約43,000円/m²当たり

箱型擁壁は、日本各地に見られる城の石垣をヒントに開発された「可とう性のもたれ式擁壁」で、寺勾配状に積み上げることが特徴のひとつとなっています。  
箱型擁壁は、様々な実験から、擁壁に発生するせん断応力と同様に、基礎地盤に作用する鉛直土圧は、剛構造もたれ式擁壁などと比較すると小さく、支持力確保の観点からも優位です。
また実験で示された、バランス良く作用する構造は、堅固でない基礎地盤などにも有効です。
年間雨量の多い地域では、排水性能が高い箱型擁壁は欠かせない工法です。
さらに耐震性に優れていることも、実験や実現象で検証されています。