経年編

経年編

経年編

箱型擁壁は、多年度に渡って継続施工できます。また、壁体内を雨水や背面の湧水が適度に通過・排水することにより、植生を行った現場では安定した緑化が持続されます。