調整池編

調整池編

調整池編

箱型擁壁は、単粒度砕石を壁体材としているため、排水性能が高く、残留水圧も発生しにくい構造です。河川・湖沼などへの用途に適しています。